INTRODUCTION

パワフルな格闘バトル&超危険なスタントの連続!
ヒロイン版『96時間』=痛快酸欠奪還アクション!!

全米女子総合格闘技界NO1の実力と美貌で長らく女王として君臨、スティーヴン・ソダーバーグ監督のハリウッド主演デビュー作『エージェント・マロリー』(11)では映画女優としてのポテンシャルの高さも世界に魅せつけた地上最強の美女ジーナ・カラーノ。無数のオファーの中から、彼女が厳選した全世界待望の主演第2作がついに完成。リーアム・ニーソン、スティーブン・セガール、ジェイソン・ステイサムら、第一線のアクション・ヒーローにも負けない彼女の強引かつパワフルな暴走と激闘がとにかく凄い、ヒロイン版『96時間』ともいうべき酸欠奪還アクション! アドレナリンは沸騰必至、興奮間違いなしの痛快作の登場だ!!

ハリウッドの強面軍団が総結集!
超豪華キャストが繰り広げる激闘バトルロイヤル!!

夫デレクを『トワイライト~初恋~』『レッドスカイ』などで人気のイケメン俳優カム・ジガンデイが演じるのをはじめ、『マチェーテ』のダニー・トレホ、『ザ・グリード』のトリート・ウィリアムス、『ラストスタンド』のルイス・ガスマン、『アバター』スティーヴン・ラング、『ラム・ダイアリー』のアマウリー・ノラスコなど、ジーナの主演作に相応しい強面の男臭い個性派&武闘派がズラリと脇を固めて彼女と対峙する。監督は『ネイビーシールズ・チーム6』などでキレ味鋭いアクションを得意とするジョン・ストックウェル。

STORY

誘拐された花婿を奪還せよ!
映画史上最強の花嫁が悪の軍団を叩き潰す!!

カリブ海のリゾート、ドミニカ共和国。ハネムーンでその島を訪れ、この世の楽園で最高の時間を過ごしていた新婚カップル、エバとデレク。2人を突如、悪夢が襲う。夫デレクが事故に遭い、救急車に乗せられて病院に向かったまま行方不明になってしまったのだ。エバは街中の病院を探し、地元警察にも相談するが、デレクの行方はまったくわからない。だが、彼女は決して諦めない。やがて、デレクの失踪に悪徳医師や犯罪組織が関わっていること知ったエバは怒りに燃え、壮絶な逆襲を開始する!

TRAILER

CAST

ジーナ・カラーノ(エバ)
GINA CARANO (Ava)

cast_0

1982年4月16日、テキサス州ダラス出身。ネバダ大学在学中にムエタイを始め、練習開始から半年でリングに上がり、14戦12勝1敗1分という輝かしい成績を残すと、06年に総合格闘技家に転向。デビュー戦を39秒でKO勝利し、格闘技界に旋風を巻き起こす。総合格闘技での成績は8戦7勝1敗。アメリカ女子格闘技界で人気、実力ともにNO1の女王として君臨する傍ら、NBCのスポーツ・リアリティ・ショウ「アメリカン・グラディエーターズ」に女戦士クラッシュ役でレギュラー出演、さらにビデオゲーム「COMMAND & CONQUER:RED ALART」にも出演して人気は全国民的なものになった。09年には『ブラッド&ボーン 真拳闘魂』の端役で映画デビュー。11年にスティーヴン・スダーバーグ監督の『エージェント・マロリー』の主演に大抜擢されてハリウッドのトップスターたちと共演し、国際的にも注目された。その後、大人気シリーズ『ワイルド・スピード:EURO MISSION』やTVシリーズ「ALMOST HUMAN/オールモスト・ヒューマン」に出演した。主演第2作となる本作につづき、デイヴ・バティスタ、ロバート・デ・ニーロと共演するスリラー“BUS657”が撮影を終了、本作のジョン・ストックウェルがメガホンを取り、ジャン=クロード・ヴァンダムとするリメイク版“KICKBOXER”が撮影中の他、SF大作“THE OPIUM WAR”をはじめ、話題の新作の企画が数多く待機している。

カム・ジガンデイ(デレク)
CAM GIGANDET (Derek)

cast_1

1982年8月16日、ワシントン州タコマ出身。03年に「CSI:4 科学捜査班」でTVシリーズに初出演。05年の「The OC」シーズン3,4の悪役ケヴィン・ヴォルチェクを演じて注目される。映画デビューは07年の『俺たちヒップホップ・ゴルファー』(未)、続いて大ヒット作『トワイライト~初恋~』(08)の三人組ヴァンパイアの一人ジェームズ役に抜擢されて一躍人気者となる。その後も『エクスペリメント』(10)、『バーレスク』(10)、『プリースト』(11)などで好演し、本作のジョン・ストックウェル監督作『ネイビーシールズ・チーム6』(12)や『レッド・スカイ』(13)ではアクション・ヒーローとして主演を張っている。

ダニー・トレホ(ビッグ・ビズ)
DANNY TREJO (Big biz)

cast_2

1944年5月16日、カリフォルニア州ロサンゼルス生まれ。幼い頃からドラックに溺れ、犯罪を繰り返しては長らく刑務所生活を送った。刑務所内でボクシング・チャンピオンとなった彼は、更生プログラムに参加して麻薬中毒も克服。知り合いに頼まれ『暴走機関車』(85)のボクシング指導で撮影所に出入りしていたところ、その強烈な強面を気に入られて即出演が決まった。以後、主にギャングや犯罪者役で『ヒドゥン』(87)、『死の標的』(90)など、数多くの作品に端役出演、特に従兄弟のロバート・ロドリゲス監督作では『スパイキッズ』シリーズなど準主役級の役を演じ、『グラインドハウス』(07)のフェイク予告編を長編化した『マチェーテ』(10)で俳優生活25年にして初主演を果たした。基本的にオファーは断らない主義で、近年、主役級から端役まで、メジャーから超低予算のインディペンデント作品まで、年間20本以上の作品に出演している。主な出演作には他に『コン・エアー』(97)、『トリプルX』(02)、『ハロウィン』(07)、『プレデターズ』(10)、『バッド・アス』(12・未)、『マチェーテ・キルズ』(13)などがある。

STAFF

ジョン・ストックウェル(監督)
JOHN STOCKWELL (Director)

 1961年3月25日、テキサス州ガルベストン生まれ。俳優としてキャリアをスタートさせ、『恋のジーンズ大作戦/巨人の女に手を出すな』(81)で映画デビュー。『爆笑!?恋のABC体験』(82・未)、『クリスティーン』(83)、『トップガン』(86)などに出演、『マイ・サイエンス・プロジェクト』(85・未)、『ラジオアクティブ・ドリーム』(86)、『ハイスクール殺戮クラブ』(86・未)では主演した。87年の『アンダーカバー/私服刑事』(未)で監督デビューを果たし、以後『ブルークラッシュ』(02)、『イントゥ・ザ・ブルー』(05)、『ブラッド・パラダイス』(06・未)、『ダーク・タイド』(11)、『レッド・バレッツ』(11・未)、『ネイビーシールズ:チーム6』(12)などを監督、海外ロケのサスペンスや海洋アクションを得意とし、コメディ作品も多い。TVシリーズでは「Lの世界」を5エピソード演出している。監督最新作はジャン=クロード・ヴァンダムが主演した格闘技アクションのリメイクで、本作のジーナ・カラーノも出演する“KICKBOXER”。