INTRODUCTION

彼女は悪い男たちを狩る美しき処刑人。
彼女が白衣を脱ぐとき、禁断のお医者さんごっこが始まる…。

「『危険な情事』のアレックス、『氷の微笑』のキャサリン、『リング』の貞子、『呪怨』の伽椰子、『オーディション』の麻美…、スクリーンに登場した数々の怖い女たち。今、ここに、そのすべてを凌駕する最高に淫らで、最狂に猟奇的なヒロインが誕生した。それが無敵のナイスボディで男たちを悩殺し、えじきにする映画史上最もマッドで魅力的なエロコワ・ナース、アビゲイル。全世界を興奮させた衝撃と戦慄のセクシー・バイオレンスが遂に日本上陸、あなたはこのアブない誘惑に、どこまで耐えられるか⁉


美と狂気のカリスマ・ビッチVS新世代スクリーミング・クイーン!
レディ・ガガやEXILEをも唸らせた天才デザイナーの悩殺衣装!!

主演のアビゲイルには、問題作『エンター・ザ・ボイド』やTVシリーズ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」、PLAYBOY誌のヌードグラビアなどで、男性だけでなく女性にも人気の高い美と狂気のカリスマ・ビッチ、パス・デ・ラ・ウエルタ。新人看護婦ダニーには『ピラニア リターンズ』等の“ニュー・スクリーミング・クイーン”カトリーナ・ボウデン。また、『処刑人Ⅱ』の個性派ジャド・ネルソンや『白いドレスの女』の元祖エロコワ悪女女優キャスリーン・ターナーらの名優たちがガッチリと脇を固めている。さらに、マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT!」やレディ・ガガの「MONSTER BALL」ツアー、EXILEの「オール・ナイト・ロング」のPVの衣装を手掛けた天才ザルディ・ゴコが、超セクシーで大胆な衣装デザインを担当しているのも見逃せない!

STORY

ニンフォマニアックでサイコな白衣の天使の戯れ。
いま、聖なる病院は鮮血の修羅場と化した…。

ニューヨーク。オール・セインツ記念病院の看護師アビゲイル・ラッセルは、献身的な仕事ぶりで評判の“白衣の天使”。だが、彼女には恐ろしい裏の顔があった。彼女は夜な夜なバーやクラブで女好きの男たちを罠にかけては残虐に殺害を繰り返す連続快楽殺人鬼だった。さらにバイセクシャルでもあるアビゲイルは、若く美しい新人看護師ダニーを自分のものにしようと彼女を孤立させ、恋人と引き裂くべく恐ろしい策略を仕掛け、実行に移していく。やがて、アビゲイルの驚愕の過去が次々と明らかになり、凶暴な本性を現した彼女は、聖なる病院を鮮血の修羅場へと変えていく…。

TRAILER

CAST

パス・デ・ラ・ウエルタ : アビゲイル・ラッセル

アビゲイル・ラッセル

1984年9月3日、ニューヨーク州ニューヨーク市生まれ。10代前半からモデルと女優の仕事をはじめ『私の愛情の対象』(98)で映画デビュー。その後、『奇跡の歌』(98)、『サイダーハウス・ルール』(99)、『ウォーク・トゥー・リメンバー』(02)、『私が2度愛したS』(08)、『リミッツ・オブ・コントロール』(09)などで小さいながら印象的な役柄を演じ、ギャスパー・ノエ監督の『エンター・ザ・ボイド』(09)では大役を獲得し、体当たりの演技を見せた。

また、10年、11年にはマーティン・スコセッシ製作総指揮によるテレビ・シリーズ「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」の第1、第2シーズンにレギュラー出演した。13年にはPLAYBOY誌での大胆なヌードグラビアがセンセーションを巻き起こし、アーティスティツクな写真集「THE BIRDS DIDN’T  DIE OVER THE WINTER」も話題となった。

出演作には他に『セックス・クラブ』(08・未)『ウィレム・デフォー セブン*ビギンズ ~彩られた猟奇~』(07・未)、『ダーク・サファラー』(04・未)、『4:44 地球最期の日』(11)などがある。最新作はカナダの映像集団アストロン6の最新作でもあるスリラー“THE EDITOR”。

カトリーナ・ボウデン : ダニー・ロジャース

ダニー・ロジャース

1988年9月19日、ニュージャージー州ウィッコフ生まれ。06年に「LAW & ORDER:性犯罪特捜班」の1エピソードに出演して女優としてのキャリアをスタートさせ、08年のコメディ“SEX DRIVE”で映画デビュー。ホラー映画“THE SHORTCUT”(09)で初主演後、 『タッカーとデイル 史上最高にツイてないヤツら』(10)、『アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同窓会』(12)、『ピラニア リターンズ』(12)などの話題作に出演し、ジャンル映画のニュー・ヒロインとして人気急上昇中である。“SCARY MOVIE5”(13)、“THE LAST FILM FESTIVAL”(13)、“HARD SELL”(14)などの新作が待機中、エドワード・バーンズ製作の最新テレビ・シリーズ「PUBLIC MORALS」にレギュラー出演している。出演作には他に『ホーンテッド・プリズン』(12・未)、『ムービー43』(13)がある。

STAFF

ダグラス・アーニオコスキー : 監督・脚本

s0

 アメリカのカリフォルニア州バークレー生まれ。『ターナー&フーチ/すてきな相棒』(89)、『デイズ・オブ・サンダー』(90)、『カフス!』(92)の製作アシスタントとして映像業界に入り、『ハウリングⅥ/突然変異体』(91・未)で第二助監督を体験後、『サイキック・ウォリアーズ/超時空大戦』(92・未)、『ジュラシック・キッズ』(93・未)、『リモコン・キッズ』(93・未)、『パペット・マスター4/最強の敵』(93・未)、『パペット・マスター5/最終戦争』(93・未)、『不思議なペットショップ』(94・未)などのフルムーン・エンタテインメント作品で第一助監督として経験を積んだ。『フォー・ルームス』(95)の第3話でロバート・ロドリゲス監督作の第一助監督に就いたことから、以後『フロム・ダスク・ティル・ドーン』(96)、『パラサイト』(98)、『スパイキッズ』(01)などロドリゲス監督作の第一助監督として活躍、 『レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』(03)では第2班監督、『マチェーテ・キルズ』(13)では共同製作を務めた。他にも、『THE CROW/ザ・クロウ』(96)、『オースティン・パワーズ』(97)、『ラスベガスをやっつけろ』(98)、『パラサイト』(98)などの第一助監督、『テキサス・レンジャーズ』(01)、『メダリオン』(03)、『バイオハザードⅢ』(07)、『TEKKEN -鉄拳-』(09)、『テイカーズ』(10)などの作品で第2班監督を担当、ハリウッドで最も信頼される助監督として数多くの作品に参加している。初監督作品は00年の『ハイランダー/最終戦士』(未)。その後、映画『バイオウルフ』(08・未)、『THE DAY/ザ・デイ』(10)を監督、TVシリーズでは「クリミナル・マインドFBI行動分析課」で8エピソード、「スリーピー・ホロウ」で5エピソード、「ARROW/アロー」で1エピソードを演出している。

ザルディ・ゴコ : 衣装デザイン

s1

 フィリピン生まれでニューヨークを中心に活躍する人気ファッション・デザイナー。祖母の経営するフィリピンのファッション・スクールに出入りしていたことからファッションに興味を持ち、その後アメリカにわたってロサンゼルスとニューヨークでファッションを本格的に学ぶ。様々な有名ブランドでアシスタントとして働きながら経験を積み、人脈を築いてジェニファー・ロペス、ミック・ジャガー、キース・リチャーズといった有名ミュージシャンのステージ衣装を手掛けるようになる。彼の名を一躍有名にしたのは、09年のマイケル・ジャクソンの「THIS IS IT!」とレディ・ガガの「MONSTER BALL」ツアー。また12年には日本のEXILEの「オール・ナイト・ロング」のPVで衣装を担当し大きな話題となった。13年にはシルク・ド・ソレイユの「マイケル・ジャクソン ザ・イモータル ワールド・ツアー」の舞台衣装を担当。本作は彼が初めて衣装デザイナーを担当した記念すべき映画作品となる。