INTRODUCTION

空前ニンジャ・ブームに贈る
元祖直系“ハリウッド製”ニンジャ・ムービー最新作!

今、世界で再びニンジャがブームとなっている。忍者を主人公にしたコミックやアニメ、ゲームなどが国際的な人気となり、“忍者修行”観光を目的に多くの外国人観光客が日本を訪れ、忍者亀が大暴れする超大作のリメイク版も世界中で大ヒットしている。そんな世界的なニンジャ人気の火付け役といえるのがハリウッド製ニンジャ映画。中でもメナヘム・ゴーラン監督、ショー・コスギ主演の『燃えよニンジャ』に始まり、『アメリカン忍者』シリーズでさらに幅広い人気を得たキャノン社のニンジャ映画はその中心的存在といえる。キャノン倒産後に主要メンバーが設立したのが『エクスペンダブルズ』シリーズでも有名なニューイメージ/ミレニアム社。『ニンジャ・アベンジャーズ』は同社が製作した元祖直系“ハリウッド製”ニンジャ映画の最新作だ。アクション・エリート賞2013年度年間ベスト・アクション映画賞を受賞するなど、格闘アクション界での最高の評価を得て“ニンジャ映画の最高傑作”の呼び声も高く、劇場公開が待ち望まれていた話題作が、いよいよ日本上陸! 世界を興奮させたド迫力バトルを、ぜひスクリーンで体感ください!

ケイン&アドキンスの激闘に世界が注目! ハリウッド次世代アクション・スター、トップ2夢の競演!!

主人公ケイシーを演じるのは、『エクスペンダブルズ2』のスコット・アドキンス。ケイシーの兄弟子、中原を演じるのは日本での大活躍はいうまでもなく、『DOA/デッド・オア・アライブ』をはじめ世界各国のアクション映画に引っ張りだこのケイン・コスギ。ハリウッドの次世代アクション・キングの座を争うトップ2の競演&激闘はとにかく必見! 監督は、今最も面白い格闘技アクション映画を撮る男としてファンの熱い支持を集めている『デッドロックⅡ』『ザ・プロテクター』のアイザック・フロレンティーン。

STORY

妻子を殺され復讐に燃える影の消耗品戦士! 日本、タイ、ミャンマー、世界を股にかけた究極のリベンジ・バトル!!

日本で甲賀流忍者の修行を極めたアメリカ人、ケイシー・ボウマンは、甲賀道場の跡取り娘、武田波子と結婚し、平和な生活を送っていたが、ある夜彼が家を空けた隙に、何者かの襲撃を受け、波子はお腹に身籠ったケイシーとの子供と共に惨殺されてしまう。すべてに疲れたケイシーは、かつて甲賀道場で共に学び、今はタイのバンコックで道場を経営している兄弟子の中原に誘われてタイへ渡る。ケイシーはそこで甲賀道場の武田師匠のライバルだった男の弟ゴローが、影の軍団を率いてミャンマーの麻薬密売組織を仕切っていることを知らされる。そしてゴローが使う武器こそ、波子を殺害したものと同じ鎖分銅だった。ケイシーは波子の仇を討つために単身ミャンマーへ向かうのだが…。

TRAILER

CAST

スコット・アドキンス(ケイシー) SCOTT ADKINS (Casey)

cast_0

1976年6月17日、イングランドのサットン・コールドフィールド生まれ。父と兄の影響で幼い頃から柔道を習い、ブルース・リーやジャン=クロード・ヴァン・ダムに憧れてアクション・スターを目指すようになる。テコンドーやキックボクシングなど、様々な格闘技を習得し、演技の勉強もスタートさせた。01年にジャッキー・チェン主演の『アクシデンタル・スパイ』、ツイ・ハーク監督の『ブラックマスク2』などの香港映画に立て続けに出演して鮮烈な印象を残し、03年にアイザック・フロレンティーン監督の『人質奪還 アラブテロVSアメリカ特殊部隊』でアメリカ映画初出演、同監督の『デッドロックⅡ』(06 )で準主役、同じく『NINJA』(09)で主演を果たした。憧れのヴァン・ダムとは『ザ・プロテクター』で初対戦、『ジャン=クロード・ヴァン・ダム/アサシン・ゲーム』では両主演として二枚看板を張り、『エクスペンダブルズ2』(12)、『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録』(12)でも共演している。キャサリン・ビグロー監督がヴィンラディン暗殺作戦を描いた超大作『ゼロ・ダーク・サーティー』でも重要な役を演じ、ポスト・ヴァン・ダム、ポスト・ステイサムの最右翼に位置するアクション・スターとしてハリウッドで注目の存在となっている。ウィッチ・カオサヤナンダ監督の“ZERO TORERANCE”、ウー・ジン監督・主演の“WOLF WARRIORS”、ケヴィン・コスナー、ライアン・レイノルズと共演する“CRIMINAL”、本作のアイザック・フロレンティーンと組む“CLOSE RANGE”、ドルフ・ラングレン共演の“FOUR TOWERS”など期待の新作も目白押しだ。

<フィルモグラフィ>
2001 『アクシデンタル・スパイ』
   『ブラックマスク2』
   “C3 FIGHTER/EXTREME CHALLENGE(地上最強)”
2003 『メダリオン』
   『人質奪還 アラブテロVSアメリカ特殊部隊』<未>
2004 『ファイティング・アルティメイタム』<未>
2005 『ダニー・ザ・ドッグ』
2006 『デッドロックⅡ』<未>
   『ピンク・パンサー』
2007 『ボーン・アルティメイタム』
2008 『ザ・プロテクター』<未>
2009 『ザ・トーナメント』
   『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』
   『NINJA』<未>
   『サブウェイNY』<未>
2010  “UNDISPUTED Ⅲ: REDEMPTION”
2011 『ジャン=クロード・ヴァン・ダム/アサシン・ゲーム』<未>
2012 『エクスペンダブルズ2』
   『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録』
   『ゼロ・ダーク・サーティー』
   『ガンズ・アンド・ストレンジャー』
2013 『ニンジャ・アベンジャーズ』
   『ストリート・ファイターズ』<未>
   『レイク・モンスター 超巨大UMA出現!』<未>
2014 『ザ・ヘラクレス』

ケイン・コスギ(中原) KANE KOSUGI (Nakabara)

cast_1

1972年10月11日、ロサンゼルス生まれ。父ショー・コスギに1歳半から武道を習い始め、日本空手、剣道、柔道、古武道、テコンドー、中国武術とあらゆる武道に携わる。父の主演する『ニンジャ 修羅の章』(83)で映画デビュー。以後、『デス・オブ・ニンジャ/地獄の激戦』(85)、『ブラック・イーグル』(88)、『兜』(90)など、父主演のハリウッド映画に連続出演。その後、日本に活動の場を移し、93年に「ウルトラマンパワード」、94年「忍者戦隊カクレンジャー」にレギュラー出演した。 空手大会でのトロフィー総獲得数は176個。スポーツエンタテインメント番組「筋肉番付」や「SASUKE」ではその驚異の身体能力を見せつけ、2004年フジテレビの「すぽると!」ではキャスターにも挑戦。同年NHKのキッズ番組「からだであそぼ」に出演して子供たちにも大人気を博した。99年から02年までは「はぐれ刑事純情派」にレギュラー出演、02年には日本映画『マッスルヒート』で映画初主演を果たし、『ゴジラFINAL WARS』(04)でも大役を演じた。 05年からはさらなる国際的な活躍を目指して拠点をハリウッドに移し、06年に『DOA/デッド・オア・アライブ』の準主役で本格的ハリウッド映画デビュー。続いてジェット・リー、ジェイソン・ステイサム主演の『ローグ アサシン』(07)にも出演。さらに香港、中国合作の“COWEB(戦・無双)”(08)やサモハン・キンポーと共演した中国映画『燃えよ、マッハ拳!』(11)にも出演。スコット・アドキンスとのダブル主演となる本作で、本格的ハリウッド製ニンジャ映画へのカンバック出演を果たした。 最新作は『バリスティック』のウィッチ・カオサヤナンダ監督によるハリウッド映画初単独主演作“TEKKEN2:KAZUYA’S REVENGE”。同監督のスコット・アドキンス主演作“ZERO TOLERANCE”にも友情出演し、さらに同監督による主演最新作“MAXX”の撮影が控えている。

<フィルモグラフィ>
1983 『ニンジャ 修羅の章』<未>
1985 『デス・オブ・ニンジャ/地獄の激戦』<未>
   『ザ・ニンジャ/復讐の誓い』<未>
1988 『ブラック・イーグル』<未>
1990 『兜』
1993 『ウルトラマンパワード』<V>
1994 『ザ・格闘王』<V>
   『ザ・格闘王2』<V>
1995 『ZERO WOMANⅡ 警視庁0課の女』<V>
1996 『超力船体オーレンジャー オーレVS各レンジャー』<V>
1997 『CAT’S EYE キャッツ・アイ』
1999 『WHO AM I?』
   『ストリートファイターZERO –THE ANIMATION-』<V>*声の出演
2002 『マッスルヒート』
2004 『ゴジラ FINAL WARS』
2006 『DOA /デッド・オア・アライブ』
2007 『ローグ アサシン』
2008  “COWEB(戦・無双)”
2009 『BATON バトン』*声の出演
2011 『燃えよ、マッハ拳』<未>
2013 『ニンジャ・アベンジャーズ』

STAFF

監督:アイザック・フロレンティーン
ISAAC FLORENTINE

イスラエル出身。幼い頃から柔道と空手を習い武道に精通。『続・夕陽のガンマン』を見て映画の世界に入ることを決意して高校時代から8ミリで映画製作を開始した。高校卒業後、兵役を経てテルアビブ大学で映画とテレビの学位を取得、87年の短編“SHALOM LA-MECHASSEL(FAREWELL TERMINATOR)”は国際的な短編映画祭で高い評価を受けた。1989年にアメリカに移住、独立系のプロダクションでアクション監督や第二班監督を経験後、92年にメナヘム・ゴーラン率いる21世紀フィルムで“DESERT KICKBOXER”を監督(兼脚本、アクション監督)。続くオリヴィエ・グラナー主演の“SAVATE”(94)も好評を博すと、テレビの「パワーレンジャー」や「WMAC MASTERS」シリーズに主要演出家として参加。さらにシャノン・リー主演の『ハイボルテージ』(97・未)、ゲイリー・ダニエルズ主演の『ザ・フォース』(98・未)、ドルフ・ラングレン主演の『ブラック・ソルジャー』(99)などのアクション映画で切れ味鋭い演出を披露。特にマイケル・ジェイ・ホワイトとスコット・アドキンス共演の『デッドロックⅡ』(06・未)は、ハードなアクションを高く評価されて世界各国のビデオ市場で大ヒットとなって、「ハリウッドで最も面白い格闘技アクションを撮る監督」として彼の名を一躍国際的なものにし、アクション・ファンの絶大な信頼を得ている。最新作はスコット・アドキンスとの6度目のタッグとなる“CLOSE RANGE”。

<フィルモグラフィ>
1992  “DESERT KICKBOXER(DESERT HAWK)”
1994  “SAVATE(THE FIGHTER)”
1997 『ハイボルテージ』<未>
1998 『ザ・フォース』<未>
1999 『ブラック・ソルジャー』<未>
2001 『アルティメット・ディシジョン』<未>
2003  “THE LIFE AND LEGEND OF BOB WALL”
  『人質奪還 アラブテロVSアメリカ特殊部隊』<未>
2006 『デッドロックⅡ』<未>
2008 『ザ・プロテクター』<未>
2009 『NINJA』<未>
2010  “UNDISPUTED Ⅲ:REDEMPTION”
2012 『コールド・バレッツ 裏切りの陰謀』<未>
2013 『ニンジャ・アベンジャーズ』